ウエスティの女の子のはなちゃん。13歳のお誕生日目前に血管肉腫と言う悪い病気にかかってしまいました。でもはなちゃんと一緒に頑張って病気と戦いたいと思います!


by hana87-h

まさか,はなちゃんが・・・。

本当に、なんでうちのはなが・・・
最近の私の正直な気持ち。

もうすぐ13歳を迎える私の大事なはな。
2016年2月17日に「血管肉腫」と言われました・・・。
ん?どんな病気だ?って思ったのですが先生の説明を聞けば聞くほど
それは本当に恐ろしい病気でした。
ネットで色々と調べるとこの病気は予後が非常に悪く1年後の生存確率10%ほど。
抗がん剤治療をしても半年はもたないかもしれないという事でした。
このままだとはなは、あと3ヶ月と言われてしまいました。

この病気だとわかるまで軽くまとめておきます。

一番、最初の異変は11月に入ってはなの首にしこりがある事に気が付きました。
病院で指針してもらったものの結果は何物かわからないという事でした。

12月5日に健康診断をお願いしました。
はなは、10歳を過ぎてから定期的に半年に一度健康診断をしてもらっていました。
夕方、先生に呼ばれて聞かされたのが脾臓と肝臓に2㎝くらいの腫瘍があるという事でした。
これがどんな物なのか確実にわかるのは摘出手術するしかないという事。
さすがに悪性か良性かわからないのに手術するなんて考えられなくとりあえず東大へ行って
CT検査と指針をしてもらいました。
ここでも判定はグレー。
悪い物はでなかったけど確実ではないと言う事。
ここでも手術を勧められたのですが、CTの麻酔の後の調子がものすごく悪く(ゲホゲホ苦しそうな咳を3日間ほどしたんです・・)また踏み切れず。
この時はまさかうちの子に限ってと心のどこかで思っていたんだと思います。
指針で悪い物でなかったんだもんって。

それでも心配なので1月16日にまたエコー検査をお願いしました。
そうしたらたった1ヶ月で倍以上の大きさになっていました・・・(泣)
別の病院でも今までも経緯をお話して、大学病院のCT画像も見てもらったのですが
「今すぐに手術しないと大変な事になる!」と言われ、はなの躰は今本当に大変な事になっているんだと初めて認識したのです。
手術をどこでしてもらうか考えた結果24時間看護のJARMeC(日本動物高度医療センター)を選択。

2016年1月30日(土)
初めてJARMeCへ。
ここには「腫瘍科」があります。
動物の総合病院みたいな所です。
CT検査をするのかと思っていたのですが、エコー検査で脾臓の腫瘍が破裂しかけていると言う事で
すぐに手術になる場合負担になるという事でこの日は麻酔検査をしないと言う事でした。
とても親身にわかりやすくお話しをしてくださいました。
私たちには今の状況を脱するには「脾臓摘出手術と肝臓腫瘍の摘出手術」をするしかないという事。
だけど、この腫瘍が悪性の場合は手術が完治の為ではなく延命の為の物になるという事。
そしてこのまま放置しておくとあと1か月くらいしかもたないという事。
そう、手術をするしかないのです・・。

2016年2月2日(火)
緊急性があると言う事で急遽この日、はなの手術が夕方から行われました・・。
はなは、朝から入院して点滴をしなくてはいけないという事で
9時くらいに病院へ行きました。
くぼっちは午前中はどうしても仕事が休めずこゆきママさんに付き合ってもらいました。
はなを先生にお渡しする時に私の腕をギュっとつかんだのが今でも忘れられない。
はなもとても不安だったんでしょうね。
一度家に帰ってから夕方、くぼっちと病院へ。
面会すると興奮するので、もうはなとは退院の日まで会えません。
(会いに行かないと私たちが決めたんです)
夕方5時から始まった手術は9時過ぎまでかかりました。
でも無事に手術は終了!
麻酔からも覚めたという事で、意識がまだ朦朧としているはなをそっと覗いて帰ってきました。

2016年2月10日(水)
はなちゃん、無事退院!
この日もこゆきママさんと一緒にお迎えに行きました。
ぐったりしているかな?痛いのかな?とドキドキしていたのですが
ケージの中のはなと目が合った瞬間に「ワンワン!(怒)」と元気に怒ってくれました(笑)
ビックリするくらい元気で本当にうれしかったです。
病院ではあまりごはんを食べなかったようですが、家ではガツガツ食べてくれた。
はなが家にいる事がこんなに幸せなんだなーとつくづく思った一日でした。
b0350820_12535525.jpg
                       傷口が長くて痛々しい。。。。
                       でも本人は気にしてないみたいで元気いっぱい。
b0350820_12535159.jpg
                       退院の翌日のお散歩で近くの公園へ。
                       体力ないはずなのに、ちょー元気でガンガン歩くのでこちらが不安になりました。

2016年2月17日(水)
この日は抜糸と摘出した腫瘍の病理検査の結果が出る日。
抜糸はあっと言う間に終わりはなもすっきりした顔でした。
b0350820_12542506.jpg
                       わんこの回復力はすごいです。
                       今はもう大分、きれいになりました!
で、病理結果が「血管肉腫」と言う絶望的な物だったのです。
このままだと三ヶ月くらいって(泣)
はなの生命力を信じて一緒に頑張らなくっちゃね!
今は泣いている場合ではないのです。
前を向いて頑張らないとね!と思う私なのでした。


実は私、去年のはなの誕生日に「乳がん」と言う事が判明して
3月の終わりから9月まで抗がん剤治療をして10月に手術して
12月から1月まで放射線治療をして一通りの治療を終えたところでした。
はなまでガンって・・・。
飼い主に似るって聞くけど、こんな事まで似なくていいのに。
ちなみに私は5センチの腫瘍、リンパ節転移があり当初は
左胸を全摘出予定でした。
しかーし!なんとっ!抗がん剤が効いたのかお友達たちの祈りが通じたのか
胸の腫瘍は見事になくなってました016.gif
なので、手術も部分切除(ガンがあった所は取り除かないとダメなそうで)で済みました!
大分、ホっとしちゃった。
リンパにはまだガンが残っていたけど、放射線治療でやっつけられたはず・・(はず?)
なので、はなのガンも消えてくれればいいのにと思う今日この頃なのです。

うん、消える消える消える お願いだからはなの躰からいなくなってください・・・。

と、結局ダラダラ長いブログになってしまいました043.gif



[PR]
by hana87-h | 2016-02-26 13:01